バリアも捉え方でいろいろ変わるんです!

バリア・フリーアドバイザーのたけちゃんです。
本日は、バリアも捉え方でいろいろ変わるんです!

 

 

今週のお題は「防寒」。 

 

防○、「防」の字が含まれると後ろに入れる言葉が

なんか良くないというかマイナスイメージになってきますよね。

果物なんかだと寒いと冷えて実が引き締まって美味しいのに...

 

改めて日本語って不思議ですよね。

受け手のさじ加減というか捉え方ひとつで

どうにでもそのもののイメージを変える

ことができるんですから。

 

あ、本ブログのタイトルにもある、

「様々なバリア」なんかもそうなんですよ。

 

まず僕はというか特に車いす利用者などの障害がい者の多くが、

大なり小なり「マジかよ...(^-^;(泣き寝入り)」

なこと、ものに出くわすことが

けっこうあると思うんですけど、 

 

その際にはその人なりの解釈というか、

自分にいいように捉えたりして

なんとかしている部分があるんですね。

 

「え、そんなことするの?」とか

「おいキミ、それそういう使い方するのかよ...」になって、

最初は誤解されるようなことを平然とせざるを得ない

状況なんかは往々にしてあるんです。(^-^;

 

で、そのバリアな箇所に対峙したら

いろいろな角度から観るというか

自分にいいように捉えることを、

大きなことからホントに些細なことまで

たぶん自然な感じでやってるんじゃないかと思います。

 

僕の場合はそういうバリアなこと・ものに遭遇した時には、

よりスムーズにそのバリアを乗り越えるのと同時に

ついでというか乗り越え作業をしながら

あらゆる能力やら身体機能を向上させちゃおうということで、

 

ちょっと前まではいろいろな場面において

こういう意識でいました。

⇩⇩⇩

takechan8315.hatenablog.com

 

ですがここのところはそういうのは

もういいかな~になってきたんですね。

○○力⇧のためとか△△効果のためというのは抑えようと...

なんというかゲーム感覚で楽しくを重視。

(でも全くなくす訳ではないんです。)

 

まぁ今までもそういう意識は多少はあったんですが

そこを第一に考えようと思ったんです。

 

さておき、お題は「防寒」だったな...(^-^;

 

とりあえずなんでも(なんでもじゃないか)

捉え方でいろいろ変わるんです!(^-^)

 


今サッカーのワールドカップをやってる訳なんですけど、

「防ウイルス」ということであれをしてるのはほぼ日本人だけ。

アゴマスク含む。日焼け対策でしている外国人はいるけど。)

 

もしかしたら他国の人に「こいつらアゴにマスクするのかよ...」
と冷ややかに見られてるのかも...(苦笑)

 

しかしこの前のドイツ戦の現地サポーターの

ノーマスク+歓声の超自然なこと。

やっぱあれじゃないと応援は選手には響かないですよね。

 

この勢いで次の試合もマスク外しも

いい感じになっていってほしいですね。

 

 

VS感情が強い人対策にも有効であろう、○○!?

バリア・フリーアドバイザーのたけちゃんです。
本日は、VS感情が強い人対策にも有効であろう、○○!?

 

 

今週のお題は「防寒」。

 

防寒、暴漢... ここ10年くらい年々
暴漢、乱暴なことをする人に出くわすことが

減った気しません?


東日本大震災の影響なのか...
優しくしてくれる人が確実に増えましたよね。

 

僕も5,6年前にかなり乱暴な車いす対応をされた
バスの運転手さんにあって以来記憶にないです。

あの時は「今日日こんな人もいるのか...」
とちょっとまバスに乗るのがトラウマになってましたね。(^-^;

 

で、中学生の頃時々やっていた

対ヤンキーの接し方をしたりして、
そのトラウマを払拭したのを思い出しますね。

 

『対ヤンキーの接し方?』

 

はい、ちょっとアホな感じを出すというか、
お茶目な感じを醸し出すというか、
なんかいろいろわざとオーバーにやって
「こいつはしょうがないヤツだな。」と思わすというか...

 

これによりなのかそれ以降
乱暴なことをされることが一切なくなったんですよね。

 

というよりやたらよくしてもらえるようになったんです。
そして手助けされやすくなったんですね。
(ヤンキーの時は焼きそばパンとか

もらえたりしてたんです。笑)

 

これ、電車乗車介助の時にもちょっと使ってますね。

 

しかしこれはいったい何が起きているのか...

 

「こいつはしょうがないヤツだな。」と思わす、
言い換えると「こいつ大丈夫かよ...」

と思わすみたいになりますよね。

ズバリこの感情にさせることがポイントなんです。

 

どういうことかと言うと、

まぁいかにして相手に気分よくなってもらう

ってことなんですが、

まず手間をかけさせる人になるんです。

(承認欲求を満たせるから)

 

そうすると相手からは、
「この人は自分の自己承認欲求を満たしてくれる人」
と見られるようになり手助けとかをされやすくなるんです。

 

(自己承認欲求とは
人間が生まれながらに持っている感情というか
欲求のひとつで「他者から認められたい、尊敬されたい」
と願う気持ちのこと。)

 

「コイツは、しょうがないヤツだなぁ。」とか
「この人は、かなりの手助けが必要だ。」
と相手に思わすことが出来ればOK!

 

で、もし手助けとかをされたなら
かなりの丁重な感謝の言葉と態度を...

(かなりの「助かったよ~」を出す。笑)

 

それから可愛いヤツになるというか

お茶目さを見せることも大きなポイント。

 


つまり僕の場合は

あのヤンキーとの上手な?付き合い方が、

今の車いす生活における手助けされやすさ加減に

影響しているんです!

 

でもこういうの、生きてく上で大事ですよね。

 

またこれはたぶんVS感情が強い人対策

とかにも有効になるんじゃないかな...
(あの手の人、僕は超苦手なんですよ。)

 

だから誰にとってもこのお茶目さを醸し出す行為

というか「こいつはしょうがないヤツだな。」

と思わすことは重要じゃないかと。(^-^)

 

 

防寒⇒傍観⇒ぼぉ観、「ぼぉ観」のメリットとは?

バリア・フリーアドバイザーのたけちゃんです。
本日は、防寒⇒傍観⇒ぼぉ観、「ぼぉ観」のメリットとは?

 

 

今週のお題は「防寒」。

 

ちょっと寒くなってきたし防寒か... 

う~ん防寒⇒傍観⇒ぼぉ観(ぼぉっと観る)だな。

 

あるものを数分ぼぉっと観ていると、
そのものが様々なものに見えてくることが

あるじゃないですか。

有名なのがあの左右対称の絵のヤツ。

これの場合は向き合う人の顔かテーブルの絵が

浮かんでくるんだったか。

 

これ何とか崩壊、なんだったかな...

ソクラテス崩壊、違うな。
ピタゴラス崩壊、違うな。
なんかそんなような名前じゃなかったかな。

 

う~ん、5文字で濁音が入ってた気もするな。

ディフィカルト崩壊...(難しいから。笑)
近づいた気がするけど、まだちょっと違うな。

 

さておき、このぼぉっと観る行為「ぼぉ観」って
こんなメリットがあるんですよね。
⇩⇩⇩

takechan8315.hatenablog.com

takechan8315.hatenablog.com

 

お題は「防寒」だったな...(^-^;

 

防寒と言うと防寒着とか防寒具とかか。

防寒着と言えばこれからの季節はダウンですよね。

 

ダウンというかまぁ服全般的になんですけど、
「着る」という行為って僕にはちょっとしたひと仕事というか
ちょっと決意がいることなんですね。

何故なら片手で着るので...

 

ダウンとかだと着るのに
5分くらいはかかるんですよね。(^-^;
(複数枚だと枚数に乗じて増えます。)

ちょっとした一大イベント?状態なんです。(笑)

 

あと防寒着と言えば「足あったか靴下」ですかね。

僕は寝る時以外は左足にこういうものを

(装具)つけてるんですけど、

このようにつま先とかがむき出しなんですよね。

だから今からの季節は足がめちゃくちゃ冷えるんですね。(^-^;

 

で、その防寒でホームセンターで見つけた

足あったか靴下なるものを履くんです。冬は。

それでも寒い時はつま先の辺に貼るホカロンを貼るんですよ。

 

それからこれは防寒具になるんですが、
車いす毎入れる、高さがあるコタツ
(フツーにニトリとかで売ってる)

 

でもこれ、掛け布団をめくって入るのがめんどくさいんで
僕はほぼ入らないんですけどね。

 


あ、思い出しました!ゲシュタルト崩壊だ。

ふ~、危なかった~。これいつも忘れるんですよね。

なんかいい覚え方ないかな...

 

ゲシュタルト、タルト、

どっかの名物のお菓子⇒ゲシュタルト崩壊

でもこの覚え方を忘れそうだな。(苦笑)

 

 

ニュースポーツにより「人手不足対策」にも...

バリア・フリーアドバイザーのたけちゃんです。
本日は、ニュースポーツにより「人手不足対策」にも...

 

 

今週のお題は「わたし○○部でした」。

 

わたし○○でしたっていうか部活と言うと、
顧問の問題がちょっと気になりますよね。

あのサービス残業的な...

 

よく分からないコロナ対策の負担により

相当キツいみたいです。さらなるキツさというか...

部活の在り方や捉え方をガラリと変えないことには
もうどうにもならないでしょうね。(^-^;

 

そのためにも前回紹介したニュースポーツの考え方は
けっこう有益だと思うんですよね。
っていうか顧問なんてなくしちゃえばいいのに...

 


あ、話は全然変わるんですが、

 

昨日一週間ぶりくらいにテレビを観たら、
サッカーのワールドカップが4日後に迫ってるようで
ちょっと特集的にやってたんですけど、

 

なんか今回は全然ワクワク感がないですね。

時期的に寒くなってきてるし日も短くなってきてるから、
ちょっとせつなくなってくる季節だからか...

(でもカタールは25度くらい)

 

またこの前のハロウィンの時もそうでしたが
街のサポーターの姿を見ちゃうとちょっとね... 

あのマスク姿がね。無理から盛り上がってる感が

どうしても否めないんですよね。(^-^;

 

ところで今回の舞台カタール

マスク着脱状況って知ってます?

 

他外国同様でほとんどが外してるみたいなんです。
(日焼け対策でするくらい)

しかも大会の観客の動員数制限はないし
マスクもしなくてもいいみたいなんですよ。

(一応推奨はしてるようなんですが)

 

そんな状況の中で果たして日本のメディア関係者を始め
サポーターはどうするのか... ちょっと気になりますよね。


ハロウィンの時と違い、舞台がアウェイになる中ですし...
岸田首相のように海外仕様?になるのかも。(笑)

 

過去のふたつの国際的かつ大規模なスポーツイベント、
東京、北京オリンピックではかなりの徹底ぶりだったけど
今回はちょっと様相が違いますよね。

ここを逃したら当分チャンスはないだろうな。

 

しかし日本代表メンバー、いつの間にかに決まってましたね。

ホントに関心が湧かないな。

 

ちなみに僕は片手作業とこの棒の使い勝手さ

の日本代表?(自称)なんですけどね。
あとこの部分のテカらせ具合もか...(笑)

 

 

「クラブ活動的なもの」のあるメリット!

バリア・フリーアドバイザーのたけちゃんです。
本日は、「クラブ活動的なもの」のあるメリット!

 

 

今週のお題は「わたしは○○部でした」。

 

部活関連のエピソードか...

大なり小なり思い起こせば尽きないだろうな。
学生時代の想い出と言うと
部活に関係するのが圧倒的ですよね。

今はどうなのか分からないですけど昔は、
中学・高校なんかでは部活に入ることが当たり前

というか義務になってましたしね。

 

っていうかそもそも部活文化って

いつ頃から始まったのか知ってます?

 

ズバリ、明治時代に帝国大学が先駆けとなって
全国津々浦々の旧制学校とかに

広まっていったみたいなんですね。

 

当時は学生同士の自主性にまかせられていて
けっこうゆる~い感じだったようです。
(なので顧問の先生もいないし

先輩後輩の問題もそれほどない。)

 

そんな感じで戦前、戦後、高度成長期といっていたんですが、
1964年の東京オリンピックをきっかけに
現在のような競技色が強いというのか
充分な選手育成などのキッチリした感じに

なっていったそうです。

 

日本だけみたいですよ。こういう文化...

 

この部活文化のことを考えてると、
以前TVのデンマーク特集みたいなので

デンマークの人は「人生を充実させる」

ひとつの方法ということで
だいたいひとり2,3個の趣味とかスポーツの

団体、集まりに所属していて、

 

仕事は3時頃まででそこから夕食の時間までは

何かクラブ活動的な時間というで、
「余暇の時間」というものが文化としてある

と紹介してたのを思い出しますね。

 

かと言って日本がそういうものが

決して遅れている訳ではなく、

いろいろな会、団体、文化センター的なものは

星の数ほどあるんですけどね。

 

単発的なヤツとか入れたら
むしろ日本のほうが全然多いでしょうね。

 

で、単純に「あんなのいいな...」になり

手始めというか無理からにボッチャ以外に

なにか手話サークルにでも入ろうかと、

こういうものを覚えてた時もありましたし、

単発的なヤツだと昔健常者だった頃に

○○文化センターでいろいろな礼儀作法みたいな講座を

受けていたこともありましたし...(笑)

 

まぁデンマークみたいに「文化」として確立していると、
その先の「人生を充実させる方法」などと

分かりやすいものになっていくんだろうな...

 

そこで、そういう感じになりやすくするために
たとえばこんなものもけっこう有効になるんじゃないでしょうか。
⇩⇩⇩

takechan8315.hatenablog.com

そう言えば僕は何年か前にニュースポーツ指導員養成講座

というのを受けてたこともありました!(笑)

 

日本にはクラブ活動的なものが一杯ある訳なので
「人生を充実させる」素質充分なんです。(^-^)

あとは......

 


なんかこの部活文化も今のマスク社会とかに

関係がありそうだな。(苦笑)

 

 

様々な「わたし○○部でした」により...

バリア・フリーアドバイザーのたけちゃんです。
本日は、様々な「わたし○○部でした」により...

 

 

今週のお題は「わたし○○部でした」。

 

「なに部だった?」、この質問をされると

いつも困るというかスッと答えられないんですよね。

というのも僕は小学校から大学さらに言うと現在まで

やってるもの(スポーツ)がバラバラで全部違うからなんですね。

 

だから小学生の時はサッカーと少年野球で中学の時は軟式テニス

高校の時は硬式テニスと水泳で大学はゴルフ、

あと遊びでスノーボードを少々で今はボッチャって言いますね。

 

このように全然統一感がないんですよね。

軟式テニスと硬式テニス、

あと野球とかゴルフもやってるから

スティック系が多いっていうことか...(笑)

 

まぁいろいろ経験できて良かったな~

と今は思ってるんですけどね。

 

特別飽きっぽい性格な訳じゃないんですよ。

むしろ僕は単純作業の繰り返しのようなことが得意なので

ひとつのスポーツを突き詰めてやるのもイケるんだろうな。

 

それとこういう風にいろいろなスポーツ(動き)を経験したので

こんな能力もついちゃいました!

⇩⇩⇩

takechan8315.hatenablog.com

これ、かなり今の車いす生活のあらゆる動きに影響してますね。

 

だから部活とかでいろいろな競技をやるのは

一見統一性がなくてフラフラしているイメージなんですが、

こういうメリットもあるんですよね。

 

 

あとそれから他のスポーツの中での動き・感覚って

いいイメージとして使えることがけっこうあるんですね。

 

競技の種類が違う場合であっても、
似たような身体の動きをしたり
感覚になることが往々にしてあるんです。

 

これはスポーツに限ったことじゃなく、
僕の場合で言うと先程の車いす生活におけるあらゆる動きに...

 

たとえ初めてやる競技・動作であっても、
その動きに必要な身体の動き・感覚がある程度使えていれば
いろいろ応用出来るんですよね!(^-^)

 

またそういう他のスポーツとかの

とある動きを取り入れていると、
本業にいい影響があるというか

けっこう簡単なものに出来るんです。

 

たぶんいいイメージが頭に残るからなんでしょうね。

「いいイメージ」作成の参考までに...
⇩⇩⇩

takechan8315.hatenablog.com

takechan8315.hatenablog.com

 

さておき今まで生きてきた中においての、
カッコいいな~と感じた動きはどんどんマネしていき
本業との共通点を見出だしていきたいところですね。

 

まぁでも基本的にはやりたいと思ったものを

やりたいようにやればいいんじゃないですかね。

 

 

「○○を限定して」集中的に出来ると...

バリア・フリーアドバイザーのたけちゃんです。
本日は、「○○を限定して」集中的に出来ると...

 

 

今週のお題は「やる気が出ないときの◯◯」。

 

先週末ボッチャの体育館練習に行っていたのですが、

体育館練習は広い正式なコート(奥行10m)でできるので
遠投の好きな僕にはとてもいい環境で

ボッチャがやれるんですよね。

 

ちなみに僕はボッチャの投球における

力加減を3つに絞ってるんですね。
3mくらいと5mくらいと8.5mくらい、

ひたすらこの3つ。(中でも8.5mは特別。)
なんでか分からないんですけど
いつの頃からかそうなったんです。

 

でも投球する距離の種類が少ないので、
その分密度の濃い練習ができるというか
その3個の距離にだけに時間をさくことが出来て、
それらの距離に関しては

めちゃくちゃ自信がもててるんです。(^-^)

 

まさに、その距離のスペシャリスト状態!(笑)

 


話は変わるんですけど、

 

僕は時々トイレとかでぼぉっとすることがあるんですが、

この前ふとこんなことを想ってました。
そしてやる気というか勢いを出してましたね。

takechan8315.hatenablog.com

 

(1日の内でベッドの上にいる時間は

1/3くらいあるとCMで言ってますが、

僕の場合トイレにいるのはトータル

1/10とかにはなるんじゃないかな。笑)

 

『ほ~。で、それは?』

 

はいズバリ、フツー?の人間の身体の使える部位には、
考える力も含めた頭
いろいろな動きに対応する体幹の部分(腹筋とか)
左右の手足(4肢)がある訳なんですけど、

(これとは別に視覚や聴覚などの5感とか心もありますが)

 

この内で自分が十二分に使えるのは頭と右手。

(5感と心もか。)

 

なのでこれに絞って重点的に鍛えるというか使っていけば、
その部分をより向上出来るな...っていうことを

トイレで再認識していました。

 

頭はブログを考えることでの⇧効果を、
右手はボッチャの遠投を頻繁にすることでの感度⇧効果をだったと...

 

要素を絞るというか限定して集中的に何かが出来ると、
目一杯その部分を使えるだろうし
いろいろシンプルに考えられて実は意外と楽なんです!(^-^)

 


あと、忘れちゃいけないというか
それら以上に大事だなと思ったのが運の強さみたいなもの。

 

僕はとにもかくにもこの運の強さの向上については、
年々かなり意識してますね。

とりわけ身体の使える箇所が限られている僕にとっては、
ここに頼る部分はかなりあるんです。

 

お墓参りも拭き掃除も太陽光を浴びることも

その他いろいろとすべてこのことのためなんですよね。

 

まぁでも誰であっても、
なんでか分からないけど上手くいくだとか
結果往来的にいい感じで進むだとかって
生きる上で重要なポイントだと思うので、

やる気⇧のルーティンに何か運を強くすることを

取り入れることは大事じゃないでしょうか。

 

いつもながらになんか
よく分からない話になってしまいました。m(__)m

 


今日は11時11分に更新しようと思ってたんですけど
間に合いませんでした。まぁいいか...

 

令和4年11月11日11時11分だから今年は8個。

(令和1年の時は11月11日11時11分11秒で

11個だったんですけどね。笑)
いや違うな、「1」の日?だから今年は9個だな。
「9」ということは......

 

あ、僕は何年か前から数秘術というものにちょっと興味があって、
その日その日を1~9の数字を当て込めて

(それぞれの数字には意味がある。)
いろいろ考えるクセがついてるんですね。(苦笑)

 

でもこれによりやる気というか勢いがでるかも...